平成29年度事業報告
 平成29年度の合材部会は、日本アスファルト合材協会、東海地区連絡協議会と連携し、アスファルト合材の品質・製造技術について積極的に情報交換しました。また、アスファルト混合物の製造量、廃材の受け入れ量の調査を行いました。
 合材部会の各管理委員会の活動は以下の通りです。



1. 企画管理委員会
 日本アスファルト合材協会主導による東海地区連絡協議会の技術委員長会議が静岡県で平成29年9月に開催され出席しました。
 県内プラントにおける原材料資材の流通状況や、骨材及びや運搬車両の不足等の問題について調査し意見交換をしました。
2. 技術管理委員会
 岐阜県下におけるSDSの取り扱い、普及状況を把握するためにSDSの近況に関するアンケート調査を実施しました。各プラントがどのようなアスファルト混合物のSDSを作成しているのか、どのような化学物質についてSDSを取寄せ保持しているのかを集計し、プラントへ情報提供をしました。
 また、東海地区連絡協議会において議題を提案し、かつ他県の議題に対する検討を行いました。この協議会や平成29年10月に参加した全国技術委員長会議での情報については会員プラントに展開しました。



3. 安全管理委員会
 県下を5地区に分けて、平成29年10〜11月中に各地区の安全委員と安全パトロールを実施し、各工場の創意工夫、改善事例等の意見交換をしました。
 また安全・環境・衛生について標語を募集し、環境に関する優秀作品は垂れ幕として全工場に配布し意識の高揚を図りました。
 職場環境改善として、働き方改革への取り組み、メンタルヘルスへの対応、計画的連続休日の取得状況、ノー残業DAY・プレミアムフライデーの導入のアンケート調査し実施状況を確認しました。
平成30年度事業計画
 合材部会は法令順守のもと、生産技術の向上・品質の確保を主な目的として活動しております。今年度は『労働環境の改善』をテーマとし、プラントにおける働き方改革、リスクアセスメントの推進について活動を進めてまいります。引き続きアスファルト混合物の製造量、アスファルト廃材受入量の調査も実施します。


1. 企画管理委員会
 健全なプラント運営を目指して広報活動を実施します
 @働き方改革について(疲労蓄積予防のための対策などの展開)
 Aアスファルト廃材運搬・受入等コンプライアンス遵守について
 B
他地区アスファルト合材協会との連携による広報活動の実施
2. 技術管理委員会
 @日本アスファルト合材協会及び東海地域のアスファルト合材協会との情報交換として、東海地区連絡協議会技術委員長会議及び全国技術委員長会議に参加します。
 Aプラント環境対策について、問題点の調査・検討の実施します。
3. 安全管理委員会
 @県下の全工場を5地区に分けて、安全パトロールを実施します
  a)各地区を安全委員と巡回し、安全意識の高揚を図る
  b)車両の過積載防止、法規制等の情報及び推奨事項等の広報活動を実施
 A安全・環境・衛生部門の標語募集
  a)安全・環境・衛生について標語を募集し優秀作品は工場に展開し意識の高揚を図る
 B安全作業に対する“見える化”の広報活動
  a)労働災害防止対策として
“見える化”の好事例を収集し展開する