平成28年度事業報告
1. アスファルト混合物の事前審査試験
 県内23プラントを四半期に分け実施された立会審査・立入調査に伴うアスファルト混合物の品質確認試験を実施しました。
2. 再生砕石の品質証明試験
 岐阜県が半年に1回の頻度で再生砕石の品質確認試験を義務付けており、技術研究所では18工場30試料について再生砕石の品質証明試験の依頼を受け、5月認定、11月認定に対応すべく年2回に分けて実施しました。
3. 現場コア密度試験
 
技術研究所では、(公財)岐阜県建設研究センターより委託された試験機関として公正・正確をモットーに、年間を通してコア密度試験を実施しました。
4. 道路・舗装実地研修会
 技術委員会とともに官公庁職員および協会員の皆さんを対象に、岐阜県総合建設技術会館にて道路・舗装に関する各種試験の実地研修会講師を担いました。
平成29年度事業計画
 技術研究所では、“公正”“正確”をモットーに、試験・調査の精度を高水準に保ち、県内で唯一の試験機関として、その役割を果たしていきます。 また、新技術・舗装材料等に関する情報収集・研究についても積極的に取り組んでいきます。
1. 委託試験業務
  年間を通じて(公財)岐阜県建設研究センターから委託されている以下の試験
業務について、平成29年度も継続して実施します。

     (1)アスファルト混合物の事前審査品質確認試験
        
 5月期認定 ( 4月〜 5月試験実施)
         8月期認定 ( 7月〜 8月試験実施)

        11月期認定 (10月〜11月試験実施)

         2月期認定 ( 1月〜 2月試験実施)

     (2)現場コアの密度測定試験
         年間を通じて随時行っています。

2. 再生砕石品質証明試験
 
岐阜県より再生砕石の品質証明試験機関としての認定を受け、年間2回の試験を実施します。

     第1回試験  ( 2月〜 5月試験実施)

     
第2回試験  ( 8月〜11月試験実施)
3. 調査研究受託業務
  (公財)岐阜県建設研究センター及び発注官庁、協会員の皆さんからの調査研究
委託業務についても、計画・提案を行いながら積極的に取り組みます。
4. 道路・舗装実地研修会
  技術委員会と研修会の講師を担い、協会員の皆さん、発注官庁の皆さんに技術研究所をより理解していただけるよう活動します。